白川尚史『ファラオの密室』- ミイラが探偵?謎を解いてエジプトを危機から救え

  • URLをコピーしました!

時は紀元前1300年代、古代エジプトで上級神官書記を務めていたセティはピラミッド内の事故で死亡した。

遺体はミイラに仕立て上げられたが、しかし心臓に欠けがあったため、冥界の審判を受けることができなかった。

死後の楽園に行くためには心臓が必要。

そこで神々は、現世で心臓を取り戻すよう、セティに三日の猶予を与えた。

セティは地上に舞い戻ったが、ミイラとなった身で、果たして期限内に心臓の謎を解くことができるだろうか。

また地上では、先王の葬儀が失敗するという大事件が起こっていた。

ミイラとなった先王の遺体が、どういうわけかピラミッドの玄室から消失してしまったのだ。

ミイラは外の大神殿で発見されたが、一体誰がどうやって、密室状態のピラミッドから移動させたのか。

セティは自身の問題に加え、この密室事件にも対峙することになり―。

目次

ミイラが国の存亡をかけて謎を解く

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

『ファラオの密室』は、古代エジプトで密室事件の謎を追うという、今までにないタイプの特殊設定ミステリーです。

しかも主人公が既に死んでおり、体がミイラ化している上、三日間という期限付きで自分の死の謎を解き、心臓を見つけ出さなければならないのです。

いわば「ミイラ探偵の大冒険」という感じであり、斬新なアイデアに満ち満ちた物語です。

それだけでもワクワク要素が多いのに、さらにミステリー好きの心をくすぐるのが、ピラミッドという名の密室から消えた先王のミイラの謎。

巻頭にピラミッドの断面図が掲載されているのですが、それによると内部は複雑で、全体としては広大なのに通路は狭く、玄室までの距離も決して近くありません。

このような中から、どうやって大きさも重さもそれなりにある王のミイラを持ち出したのか。

舞台設定や価値観が現代とはかけ離れているだけに、読者は今まで読んできたミステリーとは全く異なるアプローチで謎解きを楽しむことができます。

また、先王のミイラ消失により葬式が失敗したことで、エジプトは滅亡の危機を迎えることになります。

つまりこの謎解きは、単に密室のロジックを解き明かすだけでなく、国を滅亡から救うという一大ミッションも兼ね備えているわけです。

期限は三日とあまりにも短く、緊張感は否が応でも読者に伝わり、ページをめくる手を速くさせます。

既に死んでいるからこその願い

斬新な設定が魅力の『ファラオの密室』ですが、登場人物の人間関係もとても魅力的です。

根本はミステリーなのですが、ヒューマンドラマ的な側面もあり、とりわけ愛や友情、親子関係について深く描かれているのです。

たとえば主人公のセティですが、現世に留まることができるのは三日間だけなので、謎解きだけでなく、家族や愛しい人に対する想いにも真剣です。

だって三日後には必然的に別れることになるので、思い残すことがないよう、伝えるべきことは伝え、受け止めるべきことは受け止めておきたいじゃないですか。

そんな痛切な気持ちがセティの行動の端々に現れており、それが悲しくも美しく、読者の心を震わせます。

またセティのワトソン役となる奴隷少女カリですが、彼女の生い立ちや立場も、読者の胸を締め付けます。

異国からさらわれてきて、女の子なのにピラミッド建築用の石運びなどの重労働をさせられ、理不尽に鞭で打たれ……。

彼女が絶望の淵にどんどん追いやられていく様子が可哀想で、そんな状況でもセティのために謎解きに果敢に立ち向かっていく様子が健気で、読みながら応援せずにはいられなくなります。

そしてセティの幼馴染であるミイラ職人のタレクも、いい味を出しているキャラクターです。

彼がセティに対して抱いているのは、友情なのか、それとももっと熱い別の感情なのか。

そしてその想いが、セティとの本当の別れの時にどのような形となって溢れるのか。

終盤では、事件の謎と共に、セティの真の正体、各人物の思いの行き先も明かされます。

ラストは感動の嵐であり、読了後は読者は、この上なく晴れやかな気持ちで本を閉じることになるでしょう。

多岐に渡るジャンルと魅力で話題沸騰

『ファラオの密室』は、東大卒の起業家・白川 尚史さんの作家デビュー作です。

さすが東大卒、古代エジプトにおける膨大な知識、それをミステリーと掛け合わせる発想力と構成力、緻密かつ大胆なロジック、登場人物たちの心情の機微、どれをとってもインパクトと深みがあります。

それでいて決して小難しい蘊蓄が並んでいるわけではなく、むしろ読みやすく、世界史が苦手な方でもスムーズに物語に入り込めます。

また、ミステリーでありながらドラマ性も高く、さらに冥界の審判など神話が絡めてあるなどファンタジー的であるところもポイントですね。

ジャンルが多岐にわたっている分、あらゆる層の読者を惹きつけて離さず、飽きさせないパワーを持っている作品だと思います!

それらの魅力により、『ファラオの密室』は第22回「このミステリーがすごい!」で選考委員から大絶賛を受け、大賞に選ばれました。

その上、書籍として発売されてからすぐに重版が決まり、その後も再び重版されたとか。

人気や話題性など、その勢いには目を見張るものがあります。

斬新なミステリーを読みたい方、熱いドラマで胸を焦がしたい方、注目の新人の作品を読みたい方には、特におすすめです。

ぜひお手に取ってみてください!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年間300冊くらい読書する人です。
ミステリー小説が大好きです。

目次